So-net無料ブログ作成
検索選択

平成28年5月24日 歌舞伎町商店街振興組合 第55回通常総会開催 [再開発]

送信者 Shinjuku,Kabukicho 2016

5月24日(火)、歌舞伎町・日本料理「車屋」にて、歌舞伎町商店街振興組合の平成28年度第55回通常総会が開催されました。総会では、平成27年度の事業報告並びに決算報告、平成28年度の事業計画並びに予算案が上程され、可決しました。なお、役員の任期は2年で改選はありません。

総会冒頭、挨拶する片桐基次理事長

《平成27年度事業報告より(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)》

雷鳴と共にゴジラの咆哮で幕を開けた平成27年度。新生歌舞伎町に相応しいスタートとなりました。同時にリニューアルを終えたセントラルロードでは祝賀イベントが行われ、多くの見物者が来街されました。まちの新しいイメージが発信できたと実感しております。イベントにご協力いただいた方々には深く感謝いたします。さらに旧シネシティ広場の改修により、全面フラット化された広場路面は、我々先達の創意工夫によって成された地区計画街路がデザインされ、新たに設置された6基の装飾灯が明るく照らしています。また、この広場が歩行者専用道路として位置づけられた事は、まちの努力が、新宿区、新宿警察に評価されたことと自負しております。今後は、様々なイベントが賑わいを創出してくれることでしょう。

一方で、客引き禁止条例の施行後も悪質なぼったくりは後を絶たず、社会問題化してしまいました。世界に名を馳せる歓楽街歌舞伎町としては致し方ない部分もございますが、その対策が功を奏すれば、逆にアピールできると考え、東京弁護士会、警視庁と連携した「ぼったくり110番」の活用に着手致しました。100%の成果とは言えませんが、被害通報などの目に見える被害は激減致しました。「さすが歌舞伎町」と胸を張っても良いのではないでしょうか。引き続きパトロール等による防犯・治安対策活動を続けてまいります。
組合ビル建替え事業計画は、順調に推移しており、28年度の事業予算案に組み入れる事となります。ご承認いただければ、今年度中には事業着手となります。皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。


《平成28年度事業計画(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)》
本組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員の事業並びに歌舞伎町の健全な発展に貢献することを目的とした必要な共同事業を行い、また、周辺環境の整備を促進するとともに、街の環境および公共の福祉に留意した事業に取組んでまいります。
今年度は最大の事業として、組合ビル建替え事業に着手致します。ビルテナント退去が完了次第、直ちに現ビル解体工事に入り、年度内には新ビル建設着工となる予定です。これに合わせ、予算案も従前と比し大幅な変更が生じますので、本総会に於いて宜しくご審議の程お願い申し上げます。組合ビル建替えは、ビルの老朽化は勿論の事、歩きやすいまちづくりの一環として、新宿区の地区計画に沿ったもので、ビル西側の一階部分をセットバックして歩行者通路を確保するものです。組合としては率先してこの事業に取り組むべきこととしたものです。
一昨年セントラルロードに始まった街路灯・路面の改修・新設も昨年度はシネシティ広場が終わり、今年度からは東宝ビル東側平和会地区の協議を始めます。治安対策としては、新宿区客引き条例の一部改正により罰則規定が盛り込まれ、本年6月より発効いたします。更なるパトロールの強化で多くの人々が訪れるまちの実現に向け、より一層の努力が求められます。個々の詳細事業につきましては以下のとおり計画致します。

事業計画(30,810,000) ※括弧内は項目ごとの予算額
(1)共同宣伝事業(8,480,000)
 ①地域活性化に関する事業
 ・外国人観光客に対するコンシェルジュ事業
 ・大型バス導入対策
 ・TMO主催イベントの後援・協力
 ②ホームページポータルサイト)の更新管理
 その他、各種イベント、祭り、イベント保険など

(2)環境浄化・美化事業(3,150,000)
 ①地域安全・安心に関する事業
 ・地域安全安心ステーションの維持・管理
 ・防犯パトロールの実施(悪質客引きの撲滅)
 ・違法看板の是正指導(合同監察への参加)
 ・消防地域協定に基づく防火防災意識の向上を求める活動
 (合同防火訓練、地域防災活動)
 ・美化推進活動(定期的な清掃活動)
 ・その他参画各種協議会への協力活動
 ②食品衛生管理活動

(3)振興事業(3,040,000)
 ①各町会活動促進に対する支援協力活動
 ②部会並びに委員会活動の促進
 ③関係各団体への支援協力活動
(4)弁天堂維持事業(1,945,000)
 ・弁天堂ならびに弁財天ビルの維持管理
(5)福利厚生事業(330,000)
 ・勉強会、親睦会などの実施
(6)組合ビル建替え事業
 立退き費用等  57,500,000
 解体費用    20,000,000

その他、組合ビル管理費(租税公課 2,300,000)、一般管理費(人件費、業務費等 23,410,000)、特別損失(固定資産除却額 15,000,000)、※欠損金 104,345,000

平成28年度より解体、新築工事が計画されることになる歌舞伎町商店街振興組合ビル(組合所有)

平成28年3月31日時点で、組合員数216名、本総会出席者数42名・委任状数78名 合計120名。よって、本総会は過半数を越え、議決の決定数を満たしました。なお、組合ビル建替えに伴う解体費用は仮で、また、建築費は計上されていません。現在、コンペ中で、本年9月ごろに詳細案が上がってくると思いますので、上がり次第、臨時総会を招集し、組合員の皆様にお諮りのうえ、事業計画を決定する予定です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。