So-net無料ブログ作成

8月27日より、歌舞伎町セントラルロード街路灯設置のフラッグが刷新(キリンビールCM掲載フラッグ) [まちづくり]

今年春新設された歌舞伎町セントラルロードの街路灯に、キリンビールCM掲載のフラッグが設置されました。今回のフラッグの設置期間は8月27日より2ヶ月の掲出で掲出の許可を得ています。

歌舞伎町のエリアマネジメント(新宿区・東京都の所管・許可のもと、公共空間に広告収入を得て、地域まちづくりの原資とする仕組み)のスキームによって、このようなコマーシャル付きのフラッグが掲出可能になってます。
セントラルロード(および新宿東宝ビル前)には、今年の春に街路灯が新設され、今回、この新設された街路灯22基に各2枚、計44枚のフラッグが掲出されました。歌舞伎町のエリアマネジメントのスキームでは、このセントラルロードのフラッグだけでなく、歌舞伎町内のその他の街路灯や、今後、新宿東宝ビルの壁面広告(媒体料60万/月~制作費別、東宝アドが窓口になってます)なども手がけていく計画。

このエリアマネジメントスキームによるセントラルロードのフラッグについてですが、掲出主体は歌舞伎町商店街振興組合事業部会(新宿区歌舞伎町1-19-3歌舞伎町商店街振興組合ビル5F・歌舞伎町商店街振興組合内、電話03-3209-9291 担当:寺谷)となっていますので、レギュレーションその他問合せはそちらへどうぞ。

歌舞伎町フラッグのサイズは最大でW550mm×H1200mm、素材は遮光スエード(非塩ビ系、日本防炎協会認定の防炎製品)、設置期間はその都度ご相談ですが、最長で2ヶ月程度。※レギュレーション、媒体料金は年度ごとに変更する場合があります。実際のところ、試みとしてはまだまだ手探り感もある事業で且つ行政の許認可ごとなので、紆余曲折もあったりしたのですが、今回設置したキリンビールフラッグ、44枚(22基街路灯設置)を2ヶ月掲出で、エリアマネジメント料(TMO・歌舞伎町商店街振興組合)と制作費・設置撤去料、及び各許認可申請費(審査・区・警察など)をすべて込みで、約100万円(弱)、これをキリンビール(キリンビールマーケティング株式会社)がスポンサードしています。

なお、セントラルロードのフラッグですが、次は10月末から短期で、今年からサテライト会場を新宿におく東京国際映画祭からの打診があるようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0