So-net無料ブログ作成

第9回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会が開催されました。―1月30日(金) 於:新宿区役所大会議室 [まちづくり]

送信者 Shinjuku,Kabukicho 2015

1月30日(金)第9回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会より―於:新宿区役所大会議室

第9回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会が平成27年1月30日、新宿区役所大会議室で開催されました。この協議会は平成17年1月設立され、今年で10年目を迎えました。設立時は歌舞伎町の中心街区(劇場街)の再開発機運が高く、一方で、全国的な治安の悪化が社会問題となり、歌舞伎町の繁華街はその象徴的な存在でした。当時の小泉純一郎首相が「オレも飲みに行けるまちにしろ」との発言で、石原慎太郎元都知事の肝いりによりスタートしたものです。安倍晋三現首相も官房長官の時に視察に来ています。
「治安対策は総合行政」と陣頭指揮を執った広島県警本部長から当時都副知事に就任した竹花豊氏が絵を描き、この協議会がスタート、中山弘子氏の新宿区政においても重要施策としてこれを官民一体となって進めてきました。その中山弘子氏が3期12年区長を務めた後、昨年11月、新たに新宿区長となったのが吉住健一氏。今回、第9回となった歌舞伎町ルネッサンス推進協議会は、吉住新区長を会長として迎えての初の協議会開催となりました。

歌舞伎町ルネッサンス推進協議会 会長 吉住健一氏(新宿区長)

歌舞伎町ルネッサンス推進協議会構成員(平成27年1月現在)

会長 吉住 健一(新宿区長)

《有識者(敬称略、順不同)》
安藤 忠雄 建築家・東京大学名誉教授
伊藤 滋 早稲田大学特命教授
戸沼 幸市 早稲田大学名誉教授
高橋 誠 (株)創造開発研究所長
飯尾 豊 (財)東京都公園協会理事長
堺屋 太一 作家
根本 祐二 東洋大学教授
《地元・事業者等》
・歌舞伎町商店街振興組合
・歌舞伎町二丁目町会
・(株)東急レクリエーション
・東宝(株)
・(株)ヒューマックス
・東亜興行(株)
・アパグループ
・(株)ハイジア
・新宿サブナード(株)
・吉本興業(株)
・(株)日本政策投資銀行
<オブザーバー>
東日本旅客鉄道(株)西武鉄道(株)

《関係行政機関》
東京都青少年・治安対策本部、警視庁新宿警察署、東京消防庁新宿消防署、法務省東京入国管理局新宿出張所、新宿区※事務局
<オブザーバー>
警察庁、法務省、国土交通省、経済産業省、内閣官房、総務省、消防庁、警視庁、東京消防庁、東京都都市整備局


(新任委員の紹介、本協議会の予算・決算についての報告、新宿警察署、新宿消防署、東京入国管理局新宿出張所からの報告は省略)新宿警察署、新宿消防署、東京入国管理局新宿出張所からの報告

戸沼委員「自分のヒューマンスケールごとに安息の場があっちこっちにあって、いいママさん、いいマスターと仲良くなるというのが歌舞伎町の本態」

高橋委員「歌舞伎町を含め、新宿のブランドの再構築―グローカル新宿。」
根本委員「(歌舞伎町の人口増加現象を捉え)なぜあえて歌舞伎町に住むのか、ここに我々も皆さんも気づいていない歌舞伎町のよさというものが掘り出されてくるのではないか」
堺屋委員「いかにして新宿の、歌舞伎町の楽しさを保つのか。猥雑さと整備された街の両立」「広告規制、ではなく広告振興(規制緩和)」

有識者各委員からの意見として、やはり今回の協議会で強く出されたのが、歌舞伎町の猥雑さの魅力、と、街の整備との共存をいかに図るのかという点。堺屋氏曰く「ともすると、新宿が、歌舞伎町が、西新宿のようになってしまうのではないか。安全で安心ならばなんでもいいというのでは誰もこなくなってしまう。」と。
歌舞伎町商店街振興組合理事長・片桐基次氏

繁華街の“繁華”な魅力をどう残すのか、歌舞伎町商店街振興組合・片桐理事長は“秩序”という言葉を使ったが、わかりやすく言うと、繁華街は、ある種の『緊張感』なくして繁華街として成立しないということだ。安全な街を目指しつつも、決して、無条件に安全な場所にはならない繁華街で、では、いかにして来街者の安全を担保するのかということと、そしてこの街の“役割”や“魅力”というものをいかに残し、活かし、インフラや都市整備の中で共存させていくのか、中山区政の時代にはなかなか議論できなかった部分へ切り込む提言がされていたのが印象的でした。まさにこれこそが、ちょうど今年度立ち上げた歌舞伎町コンシェルジュ委員会が取り組んでいる課題でもあり、重なる部分でもあります。


歌舞伎町ルネッサンス憲章(平成17年1月27日制定)
Ⅰ 新たな文化の創造を行い、活力あるまちをつくります。
①健全な歓楽街を目指し、24時間365日誰もが楽しめるまちにします。
②映像・演劇・音楽など最先端の情報、文化を世界に発信するまちにします。
③世界の人達の交流の拠点となり、多文化が共生するまちをつくります。
Ⅱ アメニティ空間を創造し、魅力あふれるまちをつくります。
①繁華街を再生し、21世紀を先導するアメニティを創造するまちにします。
②バリアフリーに配慮した誰もが、安心して歩けるまちをつくります。
③全ての観光客にとって、一度は訪れたい魅力的な空間のあるまちにします。
Ⅲ 安全で安心な美しいまちをつくります。
①常に防犯に努め、違法営業、犯罪組織を排除した安全なまちにします。
②防災意識を高め、高度な防災機能を備えた安心して楽しめるまちにします。
③環境美化を推進し、見違えるほど綺麗なまちにします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0